腰部脊柱管狭窄症を完治!~ゴリゴリマッサージで完治計画!~

医者

薬物治療と運動療法

看護師

普段、何気ない行動の中で急に腰が痛くなるといった症状に悩まされている人がいます。もしくは、腰に違和感を感じる人や脚に痺れを感じでうまく動かせないといった症状に悩まされている人もいます。それらの症状は、年だから仕方がないと片付けてはなりません。もしかしたら、腰部脊柱管狭窄症を発症している疑いがあります。腰部脊柱管狭窄症とは、腰あたりにある背骨内を通る神経が通る空洞が何らかの原因で狭くなってしまう症状です。それらは、年齢を重ねていくことで発症しやすい症状とされています。最悪の場合は、脊柱内にある血管を圧迫して血流の流れをせき止めてしまう可能性があります。腰部脊柱管狭窄症の症状が悪化する前に、なんとしても症状を緩和していきたいものでしょう。

実は、腰部脊柱管狭窄症は病院での治療を受ければ完治することができるものです。どの医療機関でも採用されている治療方法としては、保存療法といわれているものです。保存療法とは、椎間板ヘルニアの治療でも用いられているもので薬物を用いる療法です。腰部の脊柱にある神経や血管の圧迫を解消するための薬剤を投与するだけです。これらを継続的に続けていくことで、腰部脊柱管狭窄症の症状を改善していくのです。薬物を用いる保存治療によって、患者は体に負担をかけることなく、治していけるのです。その他の治療方法としては、薬物や手術といった手法では有りません。リハビリを通して完治を目指していきます。簡単な運動をしながら時間をかけて腰部脊柱管狭窄症の症状を緩和していくのです。