腰部脊柱管狭窄症を完治!~ゴリゴリマッサージで完治計画!~

医者

薬物治療と運動療法

看護師

腰に違和感を感じたからと言って放置するのは危険です。もしかしたら腰部脊柱管狭窄症である疑いがあります。早急に治すためには、医療機関を利用しましょう。薬物治療をリハビリでの治療が行われているので好きなほうを選びましょう。

Read More...

簡単な体操で改善を目指す

病棟

腰部脊柱管狭窄症は、薬物での症状改善が望めます。また、薬物を利用しなくても、簡単な体操を継続していけばいつの間にか完治できるでしょう。腰部脊柱管狭窄症に効果がある体操は、医療機関の公式サイトに方法が掲載されています。

Read More...

数回のプログラムで治療

男性

腰部脊柱管狭窄症の症状を改善するのに、薬物を一切利用しない方法を採用している治療施設が存在します。数回のプログラムを受ける事で、いつの間にか症状が改善されていくでしょう。ネット検索で治療内容などを確認して予約しましょう。

Read More...

腰痛を伴う代表的な病気

腰痛

坐骨神経痛の主原因

足腰における神経性の痛みのことを一般に坐骨神経痛といいますが、これは症状の呼び名であって病名ではありません。実際には、他に何らかの原因があってその結果として痛みが発生しているのです。坐骨神経痛の原因にはさまざまな種類がありますが、最も多いものの1つに数えられているのが腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症は腰椎の中にある脊柱管と呼ばれる組織が狭くなることで引き起こされます。脊柱管狭窄症は他に頸椎部分の異常によって発症する頸部脊柱管狭窄症などがありますが、多くは腰に症状が出ます。腰部脊柱管狭窄症の治療は主に整形外科が担当し、保存療法や手術などを行います。最近で筋肉強化のためのトレーニングを取り入れているところもあり、症状の緩和が期待できるとして人気を集めています。

老化防止が何よりの予防策

脊柱管とは脊椎の中を貫いている空洞部分の名称で、ここに神経や血管などが通っています。この脊柱管が狭くなることで神経を刺激し、腰を中心とした下半身の痛みや痺れとなってあらわれるのが腰部脊柱管狭窄症です。したがって神経が刺激されないような姿勢を工夫することで、症状はある程度軽減します。その状態を保ちながら安静にしているのがいわゆる保存療法です。保存療法でも症状が緩和されないほど重症である場合は、神経根をブロックするなどの外科手術が選択されます。腰部脊柱管狭窄症は外傷などによって引き起こされることもありますが、多くは老化による組織の変性が原因です。そのため普段からストレッチやマッサージ、腹筋や背筋を鍛えるなどのトレーニングを日常生活に取り入れることで、ある程度の予防を図ることができます。